not providedは、不正ログイン? 地域偽装された?

アクセス解析を見ていたら、検索キーワードの項目で「not provided」が殆ど大多数だったので・・、これはプライバシー的には良いことみたいですが・・以前と比べてサイトへアクセスする方法が違ってきたっていうこと「?」なのですが。それに加えて、同時期に海外からのアクセスの異様な増加が気になっていたこともあり、「不正ログイン?」と、気になったというお話の覚書です。

現在のところ、利用しているサーバーでは、海外からのログイン画面へのアクセスをブロックされている様子なのですが・・。怖かったので、ログイン画面を変更しました。

あとなぜか海外からのアクセスが急速に増えて、その後は日本のアクセスへシフトして急激に日本からが増えたようでした。でも、「not provided」なので・・気になって調べていたら、どうも海外から日本にアクセスが移ってきた感じは「地域偽装」という方法が使われているのではないかと思われます。

他にも、プラグインを導入して対策は打ってありますが、どこまで耐えうるのか。ログインをするのは自宅のパソコンのみと限定することが出来れば良い気がしますが・・。(「.htaccess」ファイルとかwp−configのファイルに近いことを記述してある筈ですが。他にも何かやり方がないかと思いサーバーに問い合わせしてみたところで、現在は回答待ちですが‥まだまだ調べるつもりの覚書です。回答がきて良い方法を教わったり 発見があれば、また追記します。)

あと調べること、コンテンツフィルタの制限。

自分のサイトを除いてアクセス解析を行うようにしたかったのですが‥、アクセス数が少ないので寂しくなってしまうので、もう少しアクセスが増えてからにしようかなとか思い直し保留中です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

何か少しでも参考になりましたら幸いです。

よかったら、他の記事も読んでやってくださいませ。

よろしくお願い致します。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA