ブログ引越し後、画像リンクURLが前のままのとき

wordpressからwordpress の引っ越しをして、インポートやエクスポートなどの際に、XMLファイルのテキスト編集でURL部分の「置き換え」を するべき(とても大事!)なのに、違うことで大変だったので忘れていて、「置き換え」しなかったので、気付いた後の修正した方法を覚書メモします。置き換えをしなかったことによって、記事にリンクされているURLが前のアドレスのままだったので・・引っ越し前のドメインの期限が切れたときに大量のリンク切れが起こりだすと思われるので・・出来る限りやっておいた方が良いお話です。

置き換えについては、記事の1番下の方に簡単な方法を記します。

その前に少しでも修正しておこうとしたのでした・・が、その記事の数が180超だったという・・少々、手動では厳しいような数だったのでした。「置き換え」を怠ってはならないという良い勉強にはなりましたが。。

プラグインで どうにかなる気もするのですが、私はプラグインを入れてサイトが重たくなるとか、プラグインの更新を気にするのが嫌で極力入れたくないという理由からプラグインは使いませんでした。ついでなので、過去記事のチェックも兼ねて一つ一つリンクの書き換えをしていきましたが、途中で少しだけ楽になる方法を見つけました。

ビジュアルエディタモードの場合、ですが・・(そして、インポート・エクスポートの際に「全て」を引っ越してあり、画像などのファイル名まですっかり引越してある場合の話です。)

画像をクリックすると小さなポップアップの様なメニューが開きますが、えんぴつのマークのようなアイコン「編集」をクリックします。(鉛筆マークにマウスを翳すと「編集」の文字が出てきます。)

すると、プロパティのような画面が開きます。

その画面の左下にプルダウンメニューがあり、

画像の設定項目である「リンク先」が、「カスタムURL」となっているものを

「メディアファイル」に選択し直して「更新」をクリックすると、

リンクURLは瞬時に現在のアドレスに変わります。

とても簡単便利です。

もう一件、「置き換えの方法」についてですが・・

扱うテキスト編集アプリ(ソフト)によって多少の違いがあるかと思われますが・・ざっくりと以下の様にします。

先ず、パソコンでの編集になります。

XMLファイルのテキスト編集で、置き換えをしたい単語を検索します

検索した文字列がマーカーを引いた様になり、選択した状態になります。

変更したい単語の入力欄に文字列を入力します。

↓OK・更新などのボタン(バナー?)をクリックしたら、置き換えられています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

何か少しでも参考になりますと幸いです。

よかったら、他の記事も読んでやってくださいませ。

よろしくお願い致します。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA