引越し中止で、再び アドレスを変更。301を取り消しする方法

結局のところ、以下のように置いておくしか方法はなさそうでしたが。。

301リダイレクトを行った時とは「逆のリダイレクト」をかけると良いかもしれません。

例:

最初に□□□のサイトから、〇〇〇〇〇〇〇〇へリダイレクト

Redirect 301 https://〇〇〇〇〇〇〇〇.com/ 

↓ ↑

と、htaccessファイルに記述。それを、逆に〇〇〇〇〇〇〇〇から□□□へリダイレクトする。

Redirect 301 https://□□□.com/

 うちの場合・・。URLの変更をしようとしていたのですが、間違って転送を変なふうにしてしまっていました。その間は普通に仕事が忙しかったので時間が取れず、1ヶ月くらいアクセスがゼロ近くなっていても原因が不明で対処ができず。1ヶ月以上経ってからやっと「.htaccess」ファイルのリダイレクトが変なことに気付き、慌てて修正して今に至っています。

 上記のことから、htaccessファイルの記述間違いに気付かずにアクセスが激減している方もいるのではないかと思いました。。。

以下が、調べて辿り着いたグーグルのサポートの回答です。

 ↓

 

「URL の再クロールを Google にリクエストする
サイトにページを追加したり変更を加えたりした場合は、ここに記載されている方法を使用して、インデックスへの再登録を Google にリクエストできます。

一般的なガイドライン
クロールには数日から数週間かかることがあります。しばらくお待ちになってから、
インデックス ステータス レポートまたは URL 検査ツールを使用して進行状況をモニタリングしてください。
ここで説明する方法の応答時間は、ほぼすべて同じです。
個々の URL の送信には、上限があります。
同じ URL やサイトマップに対して再クロールを何度もリクエストしても、クロールが速くなるわけではありません。


クロール リクエストの方法
URL 検査ツールを使用する(URL が少ない場合)
サイトマップを送信する(一度に扱う URL が多い場合)」

 

参考:

アドレス変更ツール

ドメイン間でサイトを移転する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です